2016.07.11

新築祝・開店祝

新築祝い
 新築祝いの贈り方
  新築祝いは完成後、半月ぐらいまでに贈るようにしましょう。
 新居にふさわしい物、相手が必要としている物など、できれば相手の希望を聞いておくと、選びやすいと思います。
 なお、近親者ならお金を出し合って、家具などを贈るのも記念になるでしょう。
 ただし、ライターやストーブなど火に関する道具や、火を連想させる贈り物はタブーとされています。

 新築祝いのお返しについて
  新築祝いのお返しは、いただいた金額の3分の1から2分の1程度が目安となっています。

 新築祝いに関する表書き
  ○祝い品・金包を贈る・・・御祝、祝御新築、御新築御祝、祝御新居(マンションの購入等)
  ○お祝いのお返し・・・内祝、新築内祝、新居内祝

開店祝
 開店祝いの贈り方
  開店や開業のお祝いには、昔から縁起物を贈る習慣があるようです。
 開店・開業パーティに招かれたときなども、こうした品物を持参すると良いでしょう。
 パーティに出席できないときは、祝電を打つと喜ばれます。

 新築祝いのお返しについて
  新築祝いのお返しは、いただいた金額の3分の1から2分の1程度が目安となっています。

 開店祝いに関する表書き
  ○祝い品・金包を贈る・・・御祝、祝御開店、御開店御祝、祝御開業、祈御発展
  ○開店披露の記念品・・・粗品、開店記念、記念品
  ○従業員への心づけ・・・御祝儀、寸志
  ○お祝いのお返し・・・開店記念、開業記念、記念品

< お知らせ一覧へ戻る

Page Top