2016.07.11

卒業・就職

「卒業と入学」「卒業と就職」どちらを重んじればいい?
 子供がまだ義務教育中であったり、すぐ上の学校へ進学するような場合には入学を重んじ、卒業して社会人になるような場合には、「就職祝い」という形で、励ましの気持ちを込めた贈り物をすると良いでしょう。

お祝い返しは必要?
 原則としてお返しは必要ありませんが、お祝いをいただいたら、早いうちに電話、口頭、手紙などで感謝の気持ちを伝えましょう。また、就職して最初の給料で買った品物を贈り、お礼と近況報告をするのも良いでしょう。

就職に関する表書き
 ○祝い品・金包を贈る・・・就職御祝、御就職おめでとう
 ○お祝のお返し・・・内祝

< お知らせ一覧へ戻る

Page Top